今度はゼネコン

ゼネコンでもとんでもない事が明るみにでました。

高層マンションの鉄筋本数が少なかったそうです。

NEWSなブログ



清水建設では、自らの責任は認めた上で一旦コンクリートをはがし鉄筋を増やした後にコンクリートをサイド流込むといっています。

専門家の話では、一旦流し込んだコンクリートを完全に取り除かないで新たにコンクリートを流しても、設計上の強度は確保できないとか?

このマンションにはすまないほうがいいですね。

解約を検討している方が憤慨していましたが、はたしてどうされるでしょうか?

高価な買物を決断した方にとっては損害賠償ものですね。

清水建設の誠意が求められます。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。