船場吉兆の偽装、証拠隠滅

記事全文
NEWSなブログ



吉兆の湯木取締役の涙の会見はやっぱり嘘だったようですね。

社長の会見で、自分の会社が販売していた商品を「但馬牛も佐賀牛も品質は一緒」みたいな発言をしていました。

モラルの問題。

名門料亭の社長とは思えない発言。

また鶏を仕入れていた業者が「地鶏を勝手にブロイラーに替えられた」としていたが、業者は「若鶏専門店」であることも判明。

若鶏とはブロイラーの事をさすのが業界の常識。

料理人の集団である吉兆が知らないはずがない。

偽装は組織的と農政局もみている。

そんな矢先の非公開記者会見。

そもそも部下の、しかもパートさんに責任を擦り付けようとした取締役達は恥をしりなさい。

湯来取締役が軟禁状態にしてパートさんに責任を擦り付ける書類にサインをさせようとした事は、刑法犯ともいえる。

船場だけでなく全ての吉兆グループを調べたほうがいいかもしれません。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。