船場吉兆への抗議

NEWSなブログ



船場吉兆には目利きがいなかったのか?

それとも佐賀牛、鹿児島牛が素晴らしかったのか?

何れにしろ社長の会見では佐賀や鹿児島の産地の皆さんは納得しないでしょう。

時期や牛の状態では勿論三田牛や但馬牛より上物もあるでしょうが、船場吉兆では電卓を片手に電話で発注していた形跡があります。

経営者がランクダウンの牛を仕入れれば、霜の降り方が明らかに違った場合、料理人が気付くのでは?

アホ経営者に嫌気をさした料理人が諦めていたのか?

ランクダウンの素材も、素晴らしく仕上げる技術を持っていたのか?

つい1ヶ月前までは「船場吉兆で修行した」はステイタスだったかもしれないが、今ではどうなんでしょう。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。